ホワイトバランス

撮影環境での光の色の影響を補正して、白いものを白く写すための機能です。画像の色合いが思った通りにならないときや、色合いを変化させて雰囲気を表現したいときに使います。

  1. MENU(撮影設定1)→[ホワイトバランス]→希望の設定を選ぶ。

メニュー項目の詳細

オート /太陽光 /日陰 /曇天/電球 /蛍光灯: 温白色 /蛍光灯: 白色/蛍光灯: 昼白色/蛍光灯: 昼光色/フラッシュ /水中オート
被写体を照らしている光源を選ぶと、選んだ光源に適した色合いになる(プリセットホワイトバランス)。[オート]を選ぶと本機が光源を自動判別し、適した色合いに調整する。
色温度・カラーフィルター
光源の色に合わせて設定する(色温度)。写真用のCC(色補正)フィルターと同等の効果が得られる(カラーフィルター)。
カスタム 1/カスタム 2/カスタム 3
撮影する光源下で基準になる白色を取得してホワイトバランスを設定する。

ヒント

  • コントロールホイールの右で、微調整画面が表示され、必要に応じて色合いを微調整できます。 [色温度・カラーフィルター]を選択しているときは、コントロールホイールの右を押さなくても、コントロールダイヤルを回して色温度を変更できます。
  • 選んだ設定で思い通りの色にならないときは、ホワイトバランスブラケット撮影を行います。
  • 雰囲気優先)、ホワイト優先)は[AWB時の優先設定][雰囲気優先]または[ホワイト優先]に設定したときのみ表示されます。

ご注意

  • 以下のときは、[ホワイトバランス][オート]に固定されます。
    • [おまかせオート]
  • 水銀灯やナトリウムランプのみが光源の場合、光の特性上、正確なホワイトバランスが得られません。フラッシュを発光して撮影するか、[カスタム 1][カスタム 3]のご使用をおすすめします。