ISO感度設定ISO感度

光に対する感度は、ISO感度(推奨露光指数)で表します。 数値が大きいほど高感度になります。

  1. コントロールホイールのISO(ISO感度)→希望の設定を選ぶ。
    • MENU撮影設定1)→[ISO感度設定][ISO感度]でも設定できます。
    • コントロールホイールを回すと1/3段ずつ数値を変更できます。コントロールダイヤルを回すと1段ずつ数値を変更できます。

メニュー項目の詳細

ISO AUTO
カメラが明るさに応じた感度を自動で設定する。
ISO 50~ISO 204800:
お好みの感度をマニュアルで設定する。数値が大きいほど高感度になる。

ヒント

  • [ISO AUTO]時に自動設定されるISO感度の範囲を変更できます。[ISO AUTO]を選択したときに、コントロールホイールの右を押して、[ISO AUTO 上限]/[ISO AUTO 下限]を選んで希望の数値を設定してください。
  • ISO感度が高くなるほど、ノイズが増えます。
  • 静止画撮影時、動画撮影時、またはスロー&クイックモーション撮影時で、選べる設定が異なります。
  • 動画撮影時はISO100~ISO102400の範囲で選べます。ISO102400よりも大きい値の状態で動画撮影を始めると、ISO102400に切り替わります。動画撮影を終えると元のISO値に戻ります。
  • 動画撮影時はISO100~ISO102400の範囲で選べます。ISO100よりも小さい値の状態で動画撮影を始めると、ISO100に切り替わります。動画撮影を終えると元のISO値に戻ります。
  • [ピクチャープロファイル][ガンマ]の設定によって、設定できるISO感度の範囲が変わります。

ご注意

  • 以下のときは、[ISO AUTO]に設定されます。
    • [おまかせオート]
  • ISO100未満の領域は、記録できる被写体輝度の範囲(ダイナミックレンジ)が少し狭くなります。
  • 撮影モードが「P」、「A」、「S」、「M」のとき、ISO感度を[ISO AUTO]にすると、設定された範囲内で自動設定されます。