サイレント撮影(静止画)

シャッター音を消して撮影することができます。

  1. MENU撮影設定2)→ サイレント撮影] → 希望の設定を選ぶ。

メニュー項目の詳細

シャッター音を消して撮影する。
サイレント撮影しない。

ご注意

  • サイレント撮影機能は、被写体のプライバシーや肖像権に充分ご配慮のうえ、お客様自身の責任においてお使いください。
  • サイレント撮影][入]に設定しても、完全に無音にはなりません。
  • サイレント撮影][入]に設定しても、絞りやフォーカスの駆動音は発生します。
  • 低感度のサイレント撮影時、極端に強い光源にカメラを向けると、画面内の高輝度部分が黒っぽく撮影されることがあります。
  • 電源オフ時、まれにシャッター音が鳴る場合がありますが、故障ではありません。
  • 被写体の動きやカメラ本体の動きによって画像に歪みが起こることがあります。
    また、RAW記録方式][非圧縮]の場合、歪みがより強くなることがあります。歪みを軽減するには、ファイル形式][JPEG]に設定してください。RAW形式で撮影したいときは、[ドライブモード][連続撮影]にし、RAW記録方式][圧縮]に設定すると、歪みが軽減されます。
  • 瞬間的な光(他のカメラのフラッシュ発光など)や蛍光灯などのちらつきのある照明下で撮影した場合、帯状の明暗が撮影される場合があります。
  • ピントが合ったときや、セルフタイマー作動時などの電子音を消したいときは[電子音]の設定を[切]にしてください。
  • 以下の場合、サイレント撮影][入]にしていてもシャッター音が鳴ります。
    • カスタムホワイトバランスで基準の白を取り込むとき
    • [個人顔登録]で顔を登録するとき
  • モードダイヤルがP/A/S/M以外のときはサイレント撮影]は選択できません。
  • サイレント撮影][入]の場合、以下の機能は使用できません。
    • フラッシュ撮影
    • オートHDR
    • ピクチャーエフェクト
    • ピクチャープロファイル
    • 長秒時NR
    • バルブ撮影
  • 起動してから撮影可能までの時間が通常よりも約0.5秒延びます。