瞳にピントを合わせる(顔/瞳AF設定

[顔/瞳AF設定]は、顔や瞳を優先してピントを合わせるかどうかなどを設定するときに使用する機能です。


瞳AFには、2種類の実行方法があります。仕様が一部異なるため、用途に合わせてお使い分けいただくことをおすすめします。

項目 [顔/瞳AF設定]の瞳AF カスタムキーの[瞳AF]

詳しくはこちら

検出する対象 顔や瞳を最優先して検出する 顔や瞳のみ検出する
事前準備 [顔/瞳AF設定][AF時の顔/瞳優先][入]にする カスタムキー]またはカスタムキー][瞳AF]をお好みのボタンに割り当てる
瞳AFの実行方法 シャッターボタンを半押しする [瞳AF]を割り当てたボタンを押す*
特徴
  • 設定したフォーカスエリアやその周辺に顔や瞳があるときは、顔や瞳に優先的にピントを合わせる。
  • 設定したフォーカスエリアやその周辺で顔や瞳が検出されないときは、検出可能な他の被写体にピントを合わせる。
  • フォーカスエリアの設定によらず、画面全域を使って、顔や瞳にのみピントを合わせる。
  • 画面全域で顔や瞳が検出されないときは、ピント合わせを行わない。
フォーカスモード [フォーカスモード]の設定に従う [フォーカスモード]の設定に従う
フォーカスエリア [フォーカスエリア]の設定に従う 設定によらず、一時的に画面全域となる
[顔/瞳AF設定]の下記の項目
  • 検出対象
  • 右目/左目選択
  • 顔/瞳枠表示
  • 動物瞳検出枠表示
各項目の設定に従う 各項目の設定に従う

*[顔/瞳AF設定][AF時の顔/瞳優先][入]/[切]どちらに設定されていても、[瞳AF]を割り当てたボタンを押している間は、カスタムキーの[瞳AF]を使用できます。

ヒント

動きのある瞳や顔にピントを合わせ続ける(瞳AF + トラッキング

  • あらかじめ[顔/瞳AF設定]の設定項目で顔や瞳にピントを合わせるように設定しておくと、トラッキング機能で被写体を追従中に顔や瞳が検出された場合、フォーカス枠は自動で顔や瞳に移動します。


  1. MENU撮影設定1)→[顔/瞳AF設定]→希望の設定項目を選ぶ。

メニュー項目の詳細

AF時の顔/瞳優先
オートフォーカスのときに、フォーカスエリア内にある顔や瞳を検出して瞳にピントを合わせる(瞳AF)かどうかを設定する。([入]/[切]
(注意:カスタムキーの瞳AFと動作が異なります。)
検出対象:
検出する対象を選択する。
[人物]:人の顔/瞳を検出する。
[動物]:動物の瞳を検出する。動物の顔は検出されません。
右目/左目選択
[検出対象][人物]のとき、検出する瞳を選択する。[右目]または[左目]に設定した場合は、選択した方の瞳のみ検出されます。[検出対象][動物]の場合は、[右目/左目選択]は使えません。
[オート]:カメラが自動で検出する。
[右目]:被写体の右目(撮影者側から見て左側の目)を検出する。
[左目]:被写体の左目(撮影者側から見て右側の目)を検出する。
顔/瞳枠表示
人の顔や瞳を検出したときに顔検出枠/瞳検出枠を表示するかどうかを設定する。([入]/[切]
動物瞳検出枠表示
動物の瞳を検出したときに瞳検出枠を表示するかどうかを設定する。([入]/[切]


顔検出枠について

顔を検出すると、灰色の顔検出枠が表示され、オートフォーカス可能と判断されると枠が白色になります。最大8人の顔を検出できます。
[個人顔登録]で優先順位を設定している場合、被写体の中で一番優先順位が高い顔が自動で選択され顔検出枠が白色になります。それ以外の登録されている顔の検出枠は赤紫色になります。


瞳検出枠について

瞳を検出し、オートフォーカス可能と判断されると、設定によっては白色の瞳検出枠が表示されます。

[検出対象][動物]の場合は、瞳検出枠が表示されます。


カスタムキーの[瞳AF]

カスタムキーに[瞳AF]を割り当てて使用することもできます。キーを押している間だけ瞳にピントを合わせることができます。[フォーカスエリア]の設定にかかわらず、一時的に画面全体で瞳AFを使用したいときに便利です。
顔や瞳が検出できない場合は、AF動作は行いません。
(注意:シャッターボタン半押しによる瞳AFは、設定されたフォーカスエリアとその周辺の顔/瞳のみを検出し、検出できない場合は通常のAFを行います。)

  1. MENU→撮影設定2)→カスタムキー]またはカスタムキー]→希望のキーに[瞳AF]の機能を設定する。
  2. MENU→ 撮影設定1)→[顔/瞳AF設定][検出対象]→希望の設定を選ぶ。
  3. 人または動物の顔に本機を向け、[瞳AF]の機能を割り当てたキーを押す。

    静止画を撮影する場合は、キーを押したままシャッターボタンを押してください。


カスタムキーの[右目/左目切換]

[検出対象][人物][右目/左目選択][右目]または[左目]のとき、[右目/左目切換]を割り当てたカスタムキーを押すたびに検出する瞳の左右を切り換えることができます。

[右目/左目選択][オート]のときは、[右目/左目切換]を割り当てたカスタムキーで一時的に検出する瞳の左右を切り換えることができます。

以下の操作などを行うと、一時的な左右の選択は解除され、カメラが自動的に瞳を検出する状態に戻ります。

  • コントロールホイールの中央を押す
  • シャッターボタンの半押しをやめる (静止画撮影時のみ)
  • [AFオン][瞳AF]を割り当てたカスタムキーを押すのをやめる (静止画撮影時のみ)
  • MENUボタンを押す


ヒント

  • [右目/左目選択][オート]以外を設定しているとき、またはカスタムキーで[右目/左目切換]を実行したときは、瞳検出枠が表示されます。 [右目/左目選択][オート]に設定されているときでも、[顔/瞳枠表示][入]の場合、動画撮影時は検出した瞳に瞳検出枠が表示されます。
  • 顔や瞳にピントが合ったあと、一定時間で顔検出枠や瞳検出枠を非表示にしたいときは、[フォーカスエリア自動消灯][入]に設定します。

ご注意

  • [検出対象][動物]のときは、以下の機能は使用できません。
    • 右目/左目選択
    • 動画撮影時の瞳検出機能
    • マルチ測光時の顔優先
    • 登録顔優先
  • 以下の場合など、状況によっては[瞳AF]がうまく働かないことがあります。
    • メガネ(サングラス)をかけた状態
    • 前髪がかかった状態
    • 低照度、逆光時
    • 目を閉じた状態
    • 影がかかった状態
    • ピントが大きくずれた状態
    • 被写体の動きが大きいとき
  • 被写体の動きが大きいときは、瞳検出枠の表示がずれることがあります。
  • 人の瞳にピントを合わせられないときは、顔を検出して顔にピントを合わせます。人の顔を検出できない場合、瞳AFは使用できません。
  • 状況によっては、顔が検出できなかったり、顔以外を誤検出することがあります。
  • 瞳AFが使用できないときは、瞳検出枠は表示されません。
  • 以下のときは、顔検出/瞳検出機能は使えません。
    • 光学ズーム以外のズーム
    • [ピクチャーエフェクト][ポスタリゼーション]
    • ピント拡大時
    • 動画撮影時で記録設定][120p]のとき
    • スロー&クイックモーション撮影時でフレームレート][120fps]のとき
    • 記録方式][XAVC S 4K]記録設定][30p 100M]または[30p 60M]で、4K映像の出力先][メモリーカード+HDMI]に設定しているとき
    • 記録方式][XAVC S 4K]で、プロキシー記録][入]のとき
  • [顔/瞳枠表示][動物瞳検出枠表示][切]に設定していても、ピントが合った顔や瞳には緑色のフォーカス枠が表示されます。
  • 撮影モードが[おまかせオート]の場合、[AF時の顔/瞳優先][入]になります。
  • 動物の瞳を検出させるときは、動物の両目と鼻が画角に入るようにしてください。一度、動物の顔にピントを合わせておくと、動物の瞳を検出しやすくなります。
  • [検出対象][動物]に設定していても、すべての動物の瞳を検出できるわけではありません。