外部モニターのストリーミングモードを使う

外部モニターアプリを使うと、RTMPプロトコルを利用してライブストリーミングできます。
  1. 外部モニターアプリを起動し、映像機器を接続する。
  2. (設定アイコン) > [ストリーミング設定]をタップする。
    メニューやアイコンが表示されていないときは、画面をタップしてください。
  3. [接続先]をタップし、RTMPストリーミングの接続先を選ぶ。
    • [カスタムRTMP]:RTMP URLを指定してストリーミングします。[RTMPストリームURL]と[RTMPストリームキー]を設定してください。
    • [YouTube™]:YouTubeでストリーミングします。[YouTube™アカウント]と[YouTube™ライブイベント]を設定してください。新規にイベントを作成するには、[イベント新規作成]をタップしてください。
  4. [モード]をタップし、[ストリーミングモード]を選ぶ。
  5. (ストリーミングボタン)をタップしてストリーミングを開始する。
    ストリーミングを終了するには、(ストリーミングボタン)をタップしてください。

ご注意

  • ご利用になるライブストリーミングサービスの利用規約およびライブストリーミングに関わる要件を守って本アプリをご使用ください。
  • ご利用になるライブストリーミングサービスによっては、条件や仕様が予告なく追加または変更される場合があります。
  • ストリーミングがうまく行えない場合は、通信回線の切り替えをお試しください。通信回線を切り替えるには、画面を下から上にスワイプし、[設定] > [ネットワークとインターネット] > [SIM]をタップし、SIMを選んでから[優先ネットワークの種類]をタップしてネットワークの種類を選びます。ネットワークの種類はご契約の内容によって異なります。
  • [接続先]で[YouTube™]を選ぶと、お使いのGoogleアカウントに紐づけられた任意の1チャンネルに対してYouTubeの自動設定が行われます。複数のチャンネルを登録していてストリーミングするチャンネルを指定したい場合は、[接続先]で[カスタムRTMP]を選んでください。

ヒント

  • ストリーミングを安定して行うには、ご利用のライブストリーミングサービスの仕様や通信回線の帯域、通信状況に応じて[ビデオ]の設定を調整してください。[ビデオ]の設定を調整するには、(設定アイコン) > [ストリーミング設定] > [最大解像度]、[フレームレート]、または[ビデオ画質]をタップします。設定項目は以下の通りです。
    最大解像度 フレームレート

    (fps)

    ビデオ画質(ストリーミングビットレート)
    低画質 標準画質 高画質
    3840 x 2160 60/50 20000 kbps 35500 kbps 51000 kbps
    30以下 13000 kbps 23500 kbps 34000 kbps
    1920 x 1080 60/50 4500 kbps 6750 kbps 9000 kbps
    30以下 3000 kbps 4500 kbps 6000 kbps
    1280 x 720 60/50 2250 kbps 4125 kbps 6000 kbps
    30以下 1500 kbps 2750 kbps 4000 kbps
  • ストリーミング時は、[ビデオ]で設定した解像度やフレームレート、ビデオ画質が上限値となります。ただし、接続している外部カメラの入力が[ビデオ]の設定値より低い場合は、外部カメラの設定値でストリーミングが行われます。
  • 電波の弱い場所でのストリーミングや移動を伴うストリーミングなど、通信速度が低い環境下では、映像の乱れや音飛びが生じることがあります。次のように設定を変更することで改善する場合があります。
    • (設定アイコン) > [ストリーミング設定] > [最大解像度]をタップし、[1280 x 720]を選ぶ。
    • (設定アイコン) > [ストリーミング設定] > [ビデオ画質]をタップし、[低画質]を選ぶ。

外部モニターのストリーミングモード画面

外部モニターのストリーミングモード画面の各部の名前。画面上部エリア1。画面右側エリア上から下に2と3。画面左側エリア4。

  1. ストリーミングインジケーター/ストリーミング時間/ストリーミングのビットレート(ストリーミング中のみ表示)

  2. ミュートボタン

    タップしてマイクをミュート/ミュート解除します。

  3. ストリーミングボタン

    タップしてストリーミングを開始/終了します。

  4. ネットワークの状態