録音した曲のレベルを調整する(ゲイン調整)

編集モード画面で、一時ファイルのレベル(ゲイン)を調整することができます。

自動的にゲインを調整するように設定したり、+1dBから+6dBまで、1dBずつ手動でゲインを設定したりすることができます。

  1. Hi-Res Audio Recorderの編集モード画面で、再生一時停止中にゲイン設定ボタン()をクリックする。
  2. +1dBから+6dBまでの数値が表示されるので、お好みに合わせて選択する。

    一時ファイルのゲインは、調整する前は「0dB」(調整なし)になっています。

    「自動」を選択すると、0dBを超えない範囲で、できるだけ大きなレベルに自動的に設定されます。

  3. ゲインを設定したら一時ファイルを再生し、曲の波形、レベルメーターおよび音声を確認する。

    曲のレベルに合わせてレベルメーターが動きます。

    曲のレベルが0dBに達している部分にOVERポイントが表示され、同時にレベルメーターのが点灯します。

    レベルのピーク表示およびは一定時間点灯後、消灯します。

ご注意

  • 録音後、すでに一時ファイルのレベルの最大値が-1dBを超えている場合は、手順2で「自動」を選択してもゲインは上がりません。
  • 手順2で「自動」を選択しても、自動で設定されるゲインの最大値は+6dBまでです。
  • ファイルを書き出す際のフォーマットをDSDに設定している場合、ゲインを上げるとファイルの書き出しに時間がかかります。
  • レコードによっては、ゲインを調整しても曲のレベルの最大値が-1dBに達しないものもあります。