印刷

画質を調整する

画質(色や明るさ)、画面サイズなどの、テレビの画面に関するさまざまな設定ができます。

ご注意

  • モデルや視聴中の映像によっては、実際の画面と異なったり、設定できない項目があります。

ホームボタンを押し、以下を順に選びます。
設定]—画面と音声— お好みの設定

設定できる主な項目は以下の通りです。

画質

明るさ、色、色合いなど、画像に関する設定を調整します。

基本設定
以下のような設定ができます。
画質モード
映画やスポーツなど、視聴中の映像に応じて画質を変更します。
詳しくは、画質の詳細設定をご覧ください。
画質設定リセット(***)
現在の画質モードで設定されている画質の設定をお買い上げ時の状態に戻します。
オート画質モード
視聴中の内容に連動して、画質モードを自動で切り換えます。(テレビ放送を視聴中の場合は、この機能は無効になります。)
***専用画質モード
対応する動画配信サービスのコンテンツや対応アプリを視聴する際に、コンテンツ制作者の意図に近い画質に調整します。
明るさセンサー
周囲の明るさに合わせて画面の明るさを自動で調節します。
明るさ
高輝度と深い黒を表現するためバックライトを調整します。
詳しくは、画質の詳細設定をご覧ください。
色の濃淡や色合いなどを調整します。
詳しくは、画質の詳細設定をご覧ください。
くっきりすっきり
映像を鮮明にしたり、ざらつきの軽減などを調整します。
詳しくは、画質の詳細設定をご覧ください。
動き
以下のような設定ができます。
モーションフロー
動画を滑らかに表示します。フレーム数を増やすことで、動画が滑らかに表示されるようになります。[カスタム]を選ぶと、[なめらかさ]と[くっきりさ]を調整できます。
シネマドライブ
映画やCGなど映像の種類を検出し、最適な動画補正処理を行います。映画などの、24fpsで記録された映像の動きを滑らかにします。
映像信号
以下のような設定ができます。
HDRモード
HDR信号に適した映像にします。
HDMIビデオレンジ
入力の信号レンジを切り替えます。
色空間
色再現域を切り替えます。
色詳細設定
以下のような設定ができます。
色温度詳細設定:ベーシック
色温度を色ごとに細かく調整します。
色温度詳細設定:マルチポイント(***p)
出荷時はあらかじめ調整された最適な設定になっています。プロフェッショナル用の調整をする際にお使いください。調整にはカラーアナライザー等のご使用を推奨します。
各色詳細設定
色合い、色の濃さ、および色の明るさを色ごとに調整します。

画面モード

画面のサイズや横縦比などの設定をします。

ワイド切換
画面モードを切り換えます。
4:3映像
4:3画面モードを設定します。
自動表示領域切換
適切な表示領域に自動で切り換えます。
表示領域
表示領域を切り換えます。
画面位置調整
画面の上下左右位置を調整します。