印刷

音質を調整する

音質、音質モードなどの、テレビの音に関するさまざまな設定ができます。

ご注意

  • モデルやテレビの設定、接続した機器によっては、実際の画面と異なったり、設定できない項目があります。

ホームボタンを押し、以下を順に選びます。
設定]—画面と音声— お好みの設定

設定できる主な項目は以下の通りです。

音質
テレビやHDMI入力などの入力別と共通の項目に分かれて設定を調整して、さまざまな音響効果を楽しめます。
以下のような設定ができます。
音質モード
視聴状況に合わせて[シネマ]、[ミュージック]、[ドルビーオーディオ]などをお好みに合わせて選択します。
音質調整
音質モード搭載モデルの場合は、音質モードごとに音質を細かく調整します。
音量レベル調整
現在の入力の音量を調整します。
アドバンスト自動音量調整
放送や入力信号の音量レベルの変化に合わせて、音量を自動で一定レベルに調整します。
バランス
左右の音のバランスを調整します。
スピーカー特性
テレビの設置方法に合わせて、スピーカーから音を出力します。
自動音場補正
視聴環境に合わせて音声出力を調整します。
詳しくは、自動音場補正をするをご覧ください。
標準に戻す
音質の設定をお買い上げ時の設定に戻します。
音声出力
ヘッドフォンやオーディオシステムを使用するための設定をします。
以下のような設定ができます。
スピーカー出力
本体スピーカーの出力を切り換える設定をします。
テレビセンタースピーカーモード
テレビスピーカーをホームシアターシステムのセンタースピーカーとして使用します。
オーディオシステム優先起動
有効に設定すると、テレビを起動したときに、音声出力先をブラビアリンク対応オーディオシステムに自動的に切り替えます。
オーディオ機器コントロール
接続されたオーディオシステムの操作を行います。起動すると電源オンします。
音質モード連動
テレビの音質モードの変更に連動して、特定のオーディオシステムのサウンドフィールドが自動的に切り換わります。
AVシンク
Bluetoothオーディオ機器(A2DP対応)を使用しているとき、または、HDMI接続された特定のオーディオシステムを使用しているとき、映像と音声のずれを抑えるため、出力タイミングを調整します。
eARCモード
オート]を選ぶと、eARC対応機器を「ARC」またはeARC/ARC」と記載されているHDMI端子に接続しているときに、高音質な音声を出力します。
デジタル音声出力
デジタル音声出力時の出力方法を設定します。この設定は、[スピーカー出力]を[オーディオシステム]に設定している場合のみ使用できます。
デジタル音声出力の音量
デジタル音声出力レベルを調整します。PCM音源時のみ有効です。PCM音源と圧縮音源とでは、音量に差異が生じます。
ドルビーデジタルプラス出力
ARCとドルビーデジタルプラスに対応しているオーディオシステムをお使いの場合、ドルビーデジタルプラスの出力形式を設定します。ARCと光音声出力の両方を使用する場合は[ドルビーデジタル]を選んでください。(光音声出力にドルビーデジタルプラスは出力できません。)
パススルーモード
音声信号をデコードせずにオーディオシステムへ出力します。