Video Pro メニュー項目

Video Proの画面で[MENU]をタップしてさまざまな設定ができます。

メニューページは[1]、[2]をタップして切り替えることができます。メニューの2ページ目にある項目のいくつかは、ファインダーの下部にも表示されており、タップして直接設定値を変更することができます。

ヒント

  • オレンジ色の項目は設定を変更できます。
  • ストリーミングモードのときは、一部の項目は使用できません。
  • Lens

    レンズを選びます。

  • Iris

    [Lens]を[24mm]に設定しているときに、絞り値を変更できます。

  • HDR/SDR

    HDR/SDRフォーマットを選びます。

    [HDR (HLG/BT.2020)]を選ぶと、ガンマカーブはHLG、カラースペースはBT.2020という設定で撮影されます。

    [SDR (BT.709)]を選ぶと、ガンマカーブは標準、カラースペースはBT.709という設定で撮影されます。

    今後のソフトウェア更新により、[HDR](ON/OFF)は[HDR/SDR]に変更になります。

  • FPS

    フレームレートを設定します。

  • Video format

    動画フォーマットを選びます。

  • Slow motion

    スローモーション撮影を有効/無効にします。

  • Markers

    [Use markers] を[ON]に設定すると、マーカーとガイドラインを表示できるようになります。表示するマーカーとガイドラインの種類を選べます。

  • Video light

    照明をオン/オフします。

  • Stabilization

    スタビライザーをオン/オフして、手ブレを補正します。

  • WB

    ホワイトバランスを調整します。

    基準となる白色を記録してホワイトバランスを設定するには、[Custom 1]、[Custom 2]または[Custom 3]を選び、[Set]をタップします。基準となる白色が中央のフレームを覆っている状態で、再度[Set]をタップしてください。

    (設定アイコン) > [Adjust ABGM]を[ON]に設定すると、スライダーを使ってホワイトバランスを調整できるようになります。スライダーで調整した値をリセットするには、[Reset]をタップします。

    [Adjust ABGM]は今後のソフトウェア更新により表示されるようになります。

  • Gain/ISO

    ISO感度とゲインを調整します。 (設定アイコン) > [ISO/Gain mode]をタップすると、表示される値をISO感度またはゲインに切り替えることができます。

  • Shutter

    被写体に応じて自動的にシャッタースピードを調整する場合は、[Auto]を選んでください。スイッチをタップしてシャッタースピードをオフにした場合は、選ばれているフレームレートに応じてシャッタースピードが調整されます。

  • AE level

    自動露出の調整値を変更します。

  • Input volume/Output volume

    音声レベルを変更します。

  • Face/Eye AF

    人間や動物の顔や瞳を検出してフォーカスします。

    以下の場合は[Face/Eye AF]機能を使えません。

    • [FPS]が[119.88]に設定されている場合。
    • [Video format]が[3840×2160P]で、かつ[FPS]が[59.94]に設定されている場合。