プロジェクトに飛行エリアを設定する

「Airpeak Base」アプリでは、飛行プランから飛行ログまでの一連のワークフローをまとめて、1つのプロジェクトとして管理することができます。

これらのデータはクラウドに保存されます。クラウドに保存されたデータは「Airpeak Flight」アプリに表示して、飛行現場で使用することができます。

  1. 「Airpeak Base」アプリホーム画面で、[プロジェクト]をクリックする。
  2. [プロジェクトを作成]をクリックする。
  3. ダイアログでプロジェクト名や飛行場所などを入力し、[作成]をクリックする。
  4. 作成したプロジェクトをクリックする。
  5. [空域を確認]をクリックする。

    [飛行場所と飛行日を設定]画面が表示されます。

  6. 画面右側の[飛行日]をクリックして、飛行日を設定する。
  7. 画面左下の[飛行エリアを追加]をクリックして、地図上をクリックする。

    飛行エリアとして、多角形が地図上に配置されます。

  8. 配置した飛行エリアを編集する。

    飛行エリアの境界線上にある(ポイント)をドラッグして、任意の形に調整します。

  9. 画面右側の[ルール]をクリックして、UTM(*1)制限空域を表示させるためのルールを選択し、[設定]をクリックする。

    選択したルールに基づく、UTM制限空域が地図上に表示されます。

    飛行エリアとUTM制限空域が重なっている場合は、画面右側に周辺情報に関する警告が表示されます。必要に応じて飛行エリアを修正してください。

    *1 UTM:Unmanned aircraft system Traffic Management

  10. [保存]をクリックする。