ジンバルのバランスを調整する

チルト軸()、ロール軸()、パン軸()のバランス調整を行ってください。

事前準備

  • カメラのレンズのキャップを外しているか確認する。
  • カメラとジンバルがUSBケーブルで接続されていることを確認する。
  • カメラの電源をオンにする(レンズのフォーカスユニットの位置が変わることを防ぐため)。
  • 対応するズームレンズをお使いの場合は、焦点距離が最も望遠側になるように設定する(バランス調整時のみ)。
  • 機体の電源がオフになっていることを確認する。
  • 使用するアクセサリーをすべて取り付けたことを確認する。

  1. チルト軸のバランスを調整する。

    水平・垂直の2方向でチルト軸のバランスを調整します。

    チルト軸の水平方向のバランス調整

    1. カメラ上部ネジ()と底部のレバー()を緩め、カメラプレート()を前後にスライドさせてバランスを調整する。

    2. バランス調整後、カメラ上部ネジ()と底部のレバー()をしっかりと締める。

    3. チルトフレーム()を±15°程度回転させて、適切にバランス調整されているかを確認する。

      適切に調整されている場合は、チルトフレーム()はその位置で静止するか、水平状態に戻ります。

    チルト軸の垂直方向のバランス調整

    1. カメラのレンズが上を向くようにジンバルのチルトフレーム ()を回転させる。

    2. 両端のレバー()を緩め、チルトフレーム()を前後にスライドさせてバランスを調整する。

      左右の目盛りが同じになるように調整してください。

    3. バランス調整後、両端のレバー()をしっかりと締める。

    4. チルトフレーム()を±45°程度回転させて、適切にバランス調整されているかを確認する。

      適切に調整されている場合は、チルトフレーム()はその位置で静止します。

  2. ロール軸のバランスを調整する。

    1. レバー()を緩め、ロールフレーム()を左右にスライドさせてバランスを調整する。

    2. バランス調整後、レバー()をしっかりと締める。

    3. ロールフレーム()を±45°程度回転させて、適切にバランス調整されているかを確認する。

      適切に調整されている場合は、ロールフレーム()はその位置で静止します。

  3. パン軸のバランスを調整する。

    1. レバー()を緩め、パンフレーム()を前後にスライドさせてバランスを調整する。

    2. バランス調整後、レバー()をしっかりと締める。

    3. ジンバルが静止した状態で機体を前後左右に傾けて、適切にバランス調整されているかを確認する。

      適切に調整されている場合は、パンフレーム()はその位置で静止します。

ご注意

  • ジンバルのバランス調整は、機体を上下逆さまにした状態で行わないでください。ダンパープレートのダンパ―ゴムが劣化または破損するおそれがあります。