飛行経路を設定する(ミッション)

ミッションを作成して、飛行経路を設定します。

  1. 「Airpeak Base」アプリホーム画面で、[プロジェクト]をクリックする。
  2. 飛行経路を設定したいプロジェクトをクリックする。
  3. [飛行プラン]タブで[ミッションを追加]をクリックして、メニューから[新しいミッションを作成]を選択する。
    [ミッションを作成]ダイアログが表示されます。
  4. ダイアログで必要事項を入力し、[設定]をクリックする。
    • [飛行時間(30 fps)]:飛行時間を設定します。
    • [完了時動作]:飛行完了時の本機の動作を設定します。

    ミッション編集画面が表示されます。

  5. 飛行開始地点にキーフレームを設定する。

    1. インジケーター()が、経過時間表示()の「0」の位置にあることを確認する。

      経過時間表示()の灰色のバーをドラッグすると、経過時間表示を拡大または縮小することができます。

    2. 地図上の(機体)をドラッグして、希望の位置に配置する。

    3. (設定)()をクリックする。

    飛行開始地点にキーフレームが設定されます。

  6. 経過時間表示上でインジケーターをドラッグして、次のキーフレームを設定したい位置に動かす。
  7. 手順5の2~3を繰り返して、キーフレームを設定する。
    キーフレーム間が自動的に自然な曲線で結ばれ、飛行経路になります。飛行経路は後から調整できます。
  8. 手順6~7を繰り返して、さらにキーフレームを設定する。
  9. 飛行経路の作成が終わったら、[エラーを確認]をクリックする。

    エラーが表示された場合は、[自動修正]をクリックすると自動修正可能なエラーが修正されます。自動修正されないエラーは、手動で修正してください。

  10. [保存]をクリックする。
  11. ダイアログでミッション名を入力し、[保存]をクリックする。

飛行経路を調整する

  1. 地図上のキーフレームをクリックして選択する。

  2. キーフレームまたはハンドルをドラッグして飛行経路を調整する。

  3. 調整が終わったら[保存]をクリックする。

飛行経路の高度を調整する

  1. [高度]をクリックする。

    高度の推移がグラフで表示されます。

  2. グラフ線上のキーフレームをクリックして選択し、キーフレームまたはハンドルをドラッグして高度を調整する。

  3. 調整が終わったら[保存]をクリックする。

ヒント

  • 「Airpeak Plus」に加入するとミッションをインポート、エクスポートすることが可能です。ミッション編集画面の (メニュー)から実行できます。形式は以下から選択することができます。
    • ESP、KML形式:他社サービスで使用する際に選択してください。
  • 「Airpeak Base」アプリでミッションを使用するときは、カメラの向きは空間を基準にします。パンは北の方向を0°、チルトは地面の方向を0°、ロールは水平方向を0°として表示します。ミッション画面でチルトの0°を地面と水平の方向にしたい場合は、「Airpeak Base」アプリのアカウント設定画面で変更できます。